フリーマーケットに興味がある方のためのベーシックインフォメーションサイト

>

フリーマーケットのメリット・デメリット

フリーマーケットに出店する利点

フリーマーケットは純粋な営利目的の商売とは違い、不用品の再利用という環境保全の一環としての側面も持つことから、フリーマーケットで商品を販売したとしても、必ずしも利益が見込める訳ではありませんし、ほとんどの出店経験者はそれを理解して薄利多売方式で商品を販売し赤字を出さないことと売れ残りが生じないことに尽力する傾向にあります。

出店してもあまりお金にならないのになぜ出店するのかといえば、不用品の販売で地域や社会に触れることで社会の一員としての実感を得る機会を作ったり、普段とは違う経験をレジャー感覚で味わったりする場にでき、新しい同好の士との知己を得る機会を得ることができる上に、家の中の不要品を無料で処分できるからでしょう。

意外なフリーマーケット出店の欠点

多少の赤字を覚悟し営利目的でさえなければ、フリーマーケットに出店してもデメリットは無いと思われるかも知れませんが、フリーマーケットの開催状況によっては、出店者数に対し顧客が少なすぎたり、顧客の中に悪質なクレーマーが生じたりすることも少なくはなく、出店によって不用品の処分を介する形で得られるメリットよりも出店で生じるデメリットが大きくなることも十分に有り得るのです。

また、不用品の中にアンティークや希少価値の高い掘り出し物が眠っていたりすると、購入する顧客は得をしても知らずに売った出店者は金銭的に損することは免れませんし、そういった金銭面での損得に目をつぶっても、フリーマーケットの開催スケジュールに合わせた日程の調整が必要な点や商品の荷運びの手間といった、細々とした面倒事が伴うこともマイナス要素となります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る