皆さんは「正しいシャンプーの仕方」をご存知ですか?

>

すすぎはもっとも大事なこと

シャンプーをしっかりと泡立てて頭皮をマッサージするように洗うことで、頭皮の毛穴の部分の皮脂や汚れを落とすことができます。しかしどんなに汚れが落ちても、それをしっかりとすすいで流し落とさないと、むしろ頭皮のトラブルや髪の毛の傷みの原因になります。

では「しっかりとすすいで流し落とす」とは、いったいどれくらいすすげばいいのでしょうか?シャンプーの前の洗い流しは3分と言いましたが、こちらのシャンプー後のすすぎ流しは「3分+1分」の4分間。

ではこの1分の根拠は何でしょうか?それはシャンプー前の洗い流しは、何も髪につけておらずとりあえず汚れを落とすのが目的。しかしシャンプー後のすすぎ流しは、人工的に作られたシャンプーの泡を落とすためのもの。だから「+1分」というわけです。

ちなみにしっかりとシャンプーを落とさなければ、髪の毛の臭いの原因にもなります。

すすぎの仕方はどうすればいいの?

シャンプー後のすすぎ流しの大切さはお分かりいただけたかと思います。またすすぎ流しの時間に4分は必要であることもご理解いただけたことでしょう。では具体的にはどのようにすすぎ流せばいいのでしょうか。

まずはとにかくシャンプーをしっかりと落とすこと。特に「耳の後ろ」「首の付け根」「髪の生え際」など一般的に「臭いがする」といわれるところは、実は洗い残しの多いところでもあります。それらは意識をしてしっかりとすすぎ洗いをしてください。

間違えても「頭皮も髪の毛もしっとりしている方が、髪に艶があるだけでなく良い香りがする」と思い込んで、すすぎ流しをおろそかにすることだけは絶対にやめましょう。「良い香り」が悪臭の原因になり、「しっとりした頭皮」は雑菌の温床になります。


すすぎ残しは髪の毛だけではなく頭皮トラブルの原因にも

この記事をシェアする